2010年04月02日

色鮮やかに「女帝」の衣装…卑弥呼、推古、持統(読売新聞)

 平城遷都1300年祭の関連イベントで、4月2、3日に橿原市の橿原神宮一帯で開かれる「飛鳥・藤原みやび祭」の女帝みやび行列などに登場する卑弥呼、推古天皇、持統天皇の衣装が完成した。

 大原和服専門学園(奈良市)の学生が、漫画家の里中満智子さんの助言を受けて、昨年夏頃から制作。過去の文献などにとらわれず、自由な発想を大事にしたといい、紫や緑など鮮やかな色遣いで斬新なデザインに仕上がった。

 制作費は女官ら30着分と合わせて約300万円。

 「みやび祭」は、毎年開かれている「春の神武祭」を拡大し、地元自治体や観光協会などの実行委が主催。2日に女帝衣装の披露、3日に行列がある。

もんじゅ「安全規制を着実に」 21年版原子力安全白書(産経新聞)
EPA初、外国人看護師候補者3人が国試合格(医療介護CBニュース)
<訃報>菊乃家〆丸さん92歳=最高齢のチンドン屋(毎日新聞)
「反則金高い」 路駐の反則切符を奪い丸めた容疑の無職女逮捕(産経新聞)
<飲酒運転>都内の「死亡事故ゼロ」83日 厳罰化の効果か(毎日新聞)
posted by イワシタ ハジメ at 19:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。