2010年06月15日

梅雨入り 関東甲信、東北南部も 平年より遅く(毎日新聞)

 気象庁は14日、関東甲信、東北南部が梅雨入りしたとみられると発表した。昨年と比べ関東甲信で11日、東北南部で10日遅く、平年より4〜6日遅い。

 今年は沖縄などで5月6日に梅雨入り後、偏西風の蛇行の影響で梅雨前線が北上しづらい状況が続き、各地の梅雨入りが遅れていた。先週末ごろから徐々に太平洋高気圧の張り出しが強まり、次々に梅雨入りしていた。

 梅雨入りした各地で今後1週間はぐずついた天気が続く見通し。

 東京都文京区の白山神社と隣接する白山公園では、西洋アジサイなど約3000株のアジサイが8分咲きとなっている。梅雨入りした14日朝も、傘をさして紫の花を楽しむ姿も。開花は例年より約10日遅く、ここ1週間ほどが見ごろという。【飯田和樹】

【関連ニュース】
梅雨入り:関東は14日か
梅雨入り:四国、中国、近畿、東海、北陸で平年より遅く
梅雨入り:九州と山口 九州南部は平年より14日遅く
梅雨入り:遅れて来週前半? 11日?
梅雨入り:四国から東海で 関東甲信はきょうにも

【神戸スイーツ年代記(クロニクル)】アンテノール 比屋根毅 72歳(産経新聞)
<口蹄疫>菅首相、初動対応徹底を指示 政府対策本部会合(毎日新聞)
“紅茶市場”新たなファン獲得 多様な風味&健康的 合う料理も提案(産経新聞)
<牛白血病>感染肉出荷 獣医師検査ミス、125キロ回収し廃棄−−福岡(毎日新聞)
「後ろ指さされないように」=政治とカネ、閣僚が持論―小沢氏意識した発言も(時事通信)
posted by イワシタ ハジメ at 21:36| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

民主党幹事長に枝野氏起用固まる(産経新聞)

 菅直人新首相は5日、参院選の指揮を執る民主党幹事長ポストに、枝野幸男行政刷新担当相を起用する意向を固めた。また、連立政権を離脱した社民党の福島瑞穂党首が務めていた消費者・少子化担当相に、民主党の蓮舫(れんほう)参院議員を起用することも決めた。

 菅氏はすでに、官房長官に仙谷由人国家戦略担当相の起用を内定している。党と内閣の要の幹事長、官房長官が内定したことで「管政権」の骨格が定まった。

 幹事長ポストをめぐっては、菅氏は枝野氏の起用を早くから検討していた。しかし、枝野氏が反小沢(一郎幹事長)勢力の急先鋒(せんぽう)であることから、小沢氏に近い議員から反発が出ていた。このような情勢を受けて、菅氏を支持する議員の間にも、「枝野氏では党がまとまらない」として反対論が出ていた。

 菅氏は5日午前、宿泊していた東京・紀尾井町のホテルニューオータニを出て、同・永田町の党本部に入り、土肥隆一・菅グループ代表、荒井聡首相補佐官、平岡秀夫衆院議員ら同グループ幹部と会談した。

 土肥氏らは菅氏に対して、党内情勢を理由に「枝野幹事長」を断念するよう説得したが、菅氏は「任せてほしい」と述べて応じなかった。

 菅グループ幹部との会談後、菅氏は同日昼、党本部に仙谷、枝野両氏を呼び、閣僚・党役員人事や政権運営について検討に入った。

 人事では、国会対策委員長に、鉢呂吉雄元国対委員長が浮上した。また、入閣が有力視されている荒井氏に、国家戦略担当相と党政策調査会長を兼務させることが検討されている。

 蓮舫氏の消費者・少子化担当相への起用は、政府の行政刷新会議の事業仕分けでの活動が評価された。

 蓮舫氏は5日午前、都内で記者団に、入閣の連絡は来ていないとしたうえで、「(入閣を)言われたら、断る人はどなたもいないと思う」と述べた。

 また、官房副長官に古川元久内閣府副大臣の起用と、松井孝治官房副長官の再任が固まった。

【関連記事】
蓮舫氏、消費者担当相に起用 
新首相との会談を心待ち オバマ米大統領、近く協議
「読み」誤った小沢氏 9月末まで高見の見物か
自民に強い危機感 古い体質払拭できず、迫られる戦略見直し
鳩山氏とは異質の湿った軽さ パフォーマンスの菅

ミズバショウはこれから本番 シーズン到来の尾瀬(産経新聞)
粘り腰の首相、米大統領の「感謝する」自信に(読売新聞)
1歳上の姉さん女房=抜群の行動力―菅首相の伸子夫人(時事通信)
島根原発の不備は511カ所 点検漏れで中国電が最終報告(産経新聞)
所持した改造拳銃11丁に殺傷能力  福岡県警警部補を追送検 警視庁(産経新聞)
posted by イワシタ ハジメ at 01:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

<社民党>連立離脱9割方が支持 反対意見のみこむ(毎日新聞)

 連立政権からの離脱を決めた30日の社民党全国幹事長会議。「当然」が多数意見を占め、反対や慎重意見を表明したのは新潟県連などわずかだった。離脱派が圧倒的多数を占める中、「急がない方がいい」と考えながらも意見を表明できず、複雑な表情のまま会場を去る県連幹部の姿も。今夏の参院選、さらには今後の党勢への影響はどうなるのか。連立政権発足から8カ月。社民党は大きくカジを切った。【曽田拓、福永方人、袴田貴行】

 会議は東京都内のホテルで約3時間にわたって行われた。報道陣に公開された冒頭のあいさつ。白いスーツ姿で臨んだ福島瑞穂党首は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を「社民党の一丁目一番地」と位置づけ、罷免に至る経緯を説明。会場内からは拍手がわき起こった。

 沖縄県連からは、仲村未央(みお)書記長が発言。「辺野古移設断念を求める意思を党首が貫いて党全体で確認したことが県民を勇気付け、励ましている。この方向性を完全に否定された罷免を受けては当然離脱ということになろう」と、離脱を支持した。

 出席者によると「9割方は離脱支持」。その中で、今夏の参院選で改選議員を抱える新潟県連の田上敏幹事長は、会場で報道陣に対し、「政権離脱は、行き過ぎでは。(民主、国民新との)3党間で基本合意している政策の達成への努力と、憲法を変えさせないためにも政権にとどまり、引き続き頑張っていくべきではないか」と慎重姿勢を示した。

 滋賀県連も内部では離脱は慎重にすべきだとの意見が多数だったが、小坂淑子県連代表は「連立維持は少数意見で、(会議で)発言できなかった」。「福島さんの行動はとてもよろしい。しかし、社民党の党員数、力量など地元の状況を考えると、滋賀の場合、離脱は急がない方がいいという方向に傾いた」と、現状や今後への不安を漏らす。

 また、今回の離脱決定で、次期参院選に影響も懸念されるが、選挙区に前衆院議員が出馬予定の岸田清実・宮城県連幹事長は「影響は特に考えていない」。

 同様に選挙区で前衆院議員が立候補する埼玉県連の中山茂幹事長は「平和の問題という社民の基本中の基本で、党として筋を通したということでいけば、市民の支持は得られるのではないか」と、強気の見方を示した。

【関連ニュース】
毎日世論調査:福島社民党首罷免「適切」56%
毎日世論調査:鳩山内閣支持20% 退陣すべきだ58%
社民党:鳩山政権と一定の距離置く 連立離脱を決定
毎日世論調査:辺野古移設に反対84% 沖縄県民対象
社民党:連立政権離脱を決定 全国幹事長会議

樽床氏の地元「閉塞日本…挑戦に勇気づけられた」(産経新聞)
<秋葉原事件>「地獄」34人が証言 検察側の立証終了(毎日新聞)
口蹄疫被害、月当たり33億円=鹿児島県(時事通信)
種牛49頭の殺処分に着手(読売新聞)
大阪アスベスト集団訴訟 国、賠償不服 控訴へ(産経新聞)
posted by イワシタ ハジメ at 11:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。