2010年04月20日

「丸投げ」廃止で200億円削減=経産省が独自仕分け(時事通信)

 直嶋正行経済産業相は19日、省内で独自に進めていた独立行政法人の「事業仕分け」結果を公表した。所管する独立行政法人に委託した事業が公益法人などに「丸投げ」されているものを廃止・減額し、200億円近い予算を削減するほか、独法が抱える約250億円の不要資産を国庫に返納する。
 事業の丸投げは、2010年度の予算額で二百数十億円に上る。特に、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などに目立つ。経産省はこれを可能な限り削減するが、削減分は別の事業に振り向ける方針だ。 

【関連ニュース】
20日に全国学力テスト=事業仕分けで抽出調査に
天下りにメス、組織を再構築=「仕分け人」蓮舫参院議員
事業仕分けの対象選定に懸念=沖縄知事
国民生活センターは機能強化=枝野氏
独法仕分け、事業強化も=直嶋経産相

奈良の神鹿撃った男、動機は「肉で金もうけ」(読売新聞)
1歳児死亡虐待か 大阪・堺 母親通報、頭に内出血(産経新聞)
住友電工など4社に排除命令へ=課徴金、史上2番目160億円−光ケーブルカルテル(時事通信)
一式飾の一畑電車 出雲舞台の映画登場でPR(産経新聞)
文部科学省、公立学校の耐震化に予算配分(産経新聞)
posted by イワシタ ハジメ at 11:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。